人間ドック・巡回健診・脳ドックセンター 「人間ドック・健診施設機能評価」認定施設 戸田中央 総合健康管理センター

ご挨拶

中村隆俊

戸田中央医科グループ 中村隆俊 Takatoshi Nakamura

いつまでも健康でありたい」すべての人間にとっていつまでも変わらない願いであります。
その願いのお手伝いをさせていただくため、私たちは長年にわたり「高度な医療で愛し愛される病院」を目指し、地域の方々から厚い信頼を得てまいりました。
私たちは信頼できる医療の質と環境で皆様の健康を総合的にサポートする独自のシステムを構築し、健診から、最先端医療、介護、そして緩和ケアまで多面的に連携しながら病院・施設の運営に努めています。
特に長寿社会の日本においては、近年、疾病の予防、早期発見、早期治療に直結する質の高い健診の重要性が高まっています。がんなどの疾病の早期発見はもとより、「メタボリックシンドローム」を対象とした生活習慣病の予防を推進し、皆様が健康で充実した毎日を過ごしていただけるよう、全力でサポートしてまいります。
私たちは、これからも最新の設備と豊かな経験を活かしつつ、幅広い対応力を磨きながら、より一層、信頼される医療提供に取り組んでまいります。


中村毅

戸田中央医科グループ副会長 医療法人財団健隆会 理事長 中村毅 Takeshi Nakamura

健康診断とは、その名の通り「身体が健康であるかどうかを診断する」ことです。健診は治療より予防という現代医学の見地からも重要視されております。当センターでは、これまでの一般健診に脳ドック部門を加え、また企業などへ出張健診する巡回健診部門も備えた、文字通り総合健康管理を行います。
センター内には、従来の脳血管撮影だけでなく心臓冠動脈撮影も可能なMRIや肺癌はもとより全身の異常部位も検出可能なマルチスライスCT、乳がんの早期発見に有効なマンモグラフィーと僅かな兆候をも見逃さないための診断機器を備えております。
当施設はこれからも、皆様の健康を守るサポーターとして信頼し選ばれる健診施設となるよう、これからも地域の皆様と共に健康を考え共に歩んで参ります。


横川秀男

戸田中央医科グループ副会長 横川秀男 Hideo Yokokawa

「健康ブーム」「健康オタク」といった言葉とは裏腹に、我が国の健診受診率等の現状は十分なものとはいえません。平成20年に施行された特定健診・特定保健指導の実施率は、それぞれ43.3%、13.7%と目標値の70%、45%にほど遠いものとなっており、全国民への一層の啓蒙・周知が必要です。一方で医療機関、保険者等の連携、特にデータの共有が不十分な為に検査の重複がみられます。最新鋭のMRIやCTなど充実した設備によって幅広い検査が受けられることはもちろん、専門医による懇切丁寧な結果説明と的確な指導が必要不可欠です。
当健康管理センターは、1978年の開設以来、自治体、企業の皆様の人間ドックや健診、また延べ約22,000名の実績豊富な脳ドックや婦人科健診を総合的に実施する専門施設で、運営母体である戸田中央医科グループの医療機関との連携が大きな特徴です。私たちは、今後も予防医学活動を通じて皆様の健康をサポートして参ります。


平野隆

戸田中央総合健康管理センター センター長 平野隆 Takashi Hirano

日本は未だ世界が経験しない高齢化社会を迎えています。「10年後、20年後、30年後、そしてその先も子供たちの世代に負担をかけない活力を維持し、できれば社会に貢献し続けたい」それは多くの人の願いです。健康に影響する多くの事柄は日常の生活にあることが分かって参りました。従って健康で楽しい日々を送り続けるには生活習慣病の予防と早期発見が何より大切なことになるのです。
私共は、長年、戸田中央総合病院附属の第2診療所として地域の皆様と共に歩んで参りました。2010年2月に脳ドック部門、巡回健診部門を統合し予防医学を統括する戸田中央 総合健康管理センターとしてリニューアル致しました。皆様のニーズに的確にお応えできるよう、病院とは独立した医療設備を備えた最新設備に生まれ変わりました。これからも受診していただき皆様により大きな満足を感じて戴ける癒しの空間を備えた健康管理センターを目指して参ります。